パンモロの女王伝説

寺口智香、大胆すぎる「春のパンツ祭り」

ファッション雑誌「ViVi」(講談社)の元読者モデル。今はグラビアアイドルとして活躍している寺口知明(トラグチ・チカ/ 26)。 彼女は、 ”ミスアクション2017早い年”で特別賞を獲得するなど、注目度を高めてファンを熱狂させるためにSNSを使用しています。ブログやTwitterで「春のパンツフェスティバル」を開催しています。 今年初め、寺地口さんは、「パンチラの王様になるよ!」というハッシュタグ付きのパンキラ画像をアップロードし始めました。 Twitterで、グラビア活動への熱意。しかし、画像の大部分はパンチラではなくパンティラであり、ファンから指摘されたときには「パンゴロの女王」を目指すと再び宣言されている。 彼女のTwitterフォロワー番号は、大胆なイメージを提出することによって急激に増加しました。竹の絵のほかに、巨根の腿、腰、胸の谷を示す極端な写真をアップロードし、ファンを喜ばせました。 そして、今月5日から「寺口春パンツフェスティバル」が開催されました。 TerasuchiのTwitterに続くユーザーが自分の投稿(ピモロ画像)をリツイートすると、スタンプが送られ、非常にまれなビデオが得られる10枚を集めると、ファンにとっては魅力的な計画です。 このパンツフェスティバルの影響を受けて、Twitterのフォロワー番号がさらに増加し​​ます。 ブログの閲覧数も増加し、しばらくの間、Amebloのグラビアアイドルランキングで1位を獲得しました。 12日のパンツフェスティバルの帰りを報告したブログでも、かなりピンクのドレスを着て、パンツ付きの自画像をアップして、コメント欄はフェスティバルの状態になりました。 かわいらしい顔からは想像もつかない大胆な姿で注目を集める寺院入り口です。最近、彼女を知っている人たちから驚くべき声が聞こえますが、コアファンは「それは非常に過激だ」と考えているようです。 それは、昨年7月まで約7年間、大阪のメイドカフェでメイド・ド・メイド・ド・メイドとして働いていて、いくつかの話題を出していたからです。 彼女は、ボギーの男のお尻をすべて蹴るなど、極端なパフォーマンスで多くの注目を集めました。何かが深夜に取り上げられました。 「私は今夜それを比較しようとしました」(日本テレビシリーズ)の14年放送では、「網に深いメイド」として登場し、中年男性のための強いモンスターの着用の形で私を驚かせました。